浜佐建設 浜佐一級建築士事務所

 

ホーム
コンセプト
施工事例
家づくりのステップ
よくあるご質問
安心の補償システム
地震対策
メディア雑誌掲載
ブログ
リンク
展示会情報
お問合せ・資料請求

 

 

HAIRGARDEN NY

 

 

場 所

志摩市

用 途

ヘアーサロン

設計者の

コメント

近年、日本の木材自体の高い能力が見直され日本材の需要が高まる一方で、依然として苦境を強いられる林業界の実態があります。安く、購入側に魅力ある木材価格により森林への再投資が行われず、結果的に広大な未造林地が出現し、売れるのに先につながらない・・・そのジレンマが現状を苦しめています。

そこで私たちが出した答えは「省力化」です。木造建築における材料寸法を一元化し、山側の省力化により、購入側、販売側ともに魅力ある木材価格になれば、適切な森林管理を行うことができます。結果、地球環境の保全にも繋がるはずです。本建物では105mm角間伐材ヒノキでほとんどを構成しています。ありきたりに重ね合わせるという方法をとりましたが、意匠にも映えるよう重ね方に工夫をこらしました。改良を重ね、木造建築においてのスタンダードな構造に・・・などと夢の途中であります。

 

The performance of Japan woods is revised and their needs are reviving. However, forestry is still in tough time because the price is too cheap to reinvest in forests, causing forest to be ruined. The dilemma, sold-but-poor troubles forestry.

My answer to that dilemma as an architect is “reduction of lumbering” by arranging lumbers of uniform size when building a wooden house. To manage forests properly, woods need to be priced reasonable and attractive for both a seller and a buyer.

Most frames of this building are 105mm hinoki lumber. It’s not only as a construction, but also as a design. I hope it will become a standard construction after some improvement.

お問合せ

設計者に直接メールでお問い合せ

 

 

 内部仕上

漆喰

杉板焼き加工上モルタル仕上げ、レッドシーダ無垢板

天井

木毛板、梁現し

建具

自社製作

照明

etc...

 外部仕上

屋根

ガルバリウム鋼板

外壁

杉板(赤) 上バトン塗装

アルミサッシ ペアガラス

基礎

べた基礎